2020年第50週(12月7日~12月13日)

〈新型コロナウイルス感染症に関する情報〉
 兵庫県内の新型コロナウイルス新規感染者数は、今週 902 人(先週 869 人・先々週 794 人)で、クラスターの発生等により高い水準で増加が続いており、県の判断基準も厳重な警戒を要する「感染拡大特別期」が継続しています。
地域的には、神戸市 415 人、姫路市 129 人、西宮市 69 人、尼崎市 63 人、伊丹保健所管内 48 人、宝塚保健所管内 44 人、加古川保健所管内 30 人、明石市 26 人、龍野保健所管内 25 人、加東保健所管内 22 人、芦屋及び豊岡保健所管内が各 9 人、赤穂保健所管内 8 人、丹波保健所管内 3 人、洲本保健所管内 2 人で、年齢階級別では、80 歳以上 149 人、20 歳代 140 人、40 歳代 123 人、50 歳代 117 人、60 歳代 100 人、30 歳代 95 人、70 歳代 89 人、10 歳代 60 人、10 歳未満 27 人、非公表 2 人の順で多くなっています。
 年末年始の時期は人の移動が集中し「密」になりがちなため、帰省等に十分な注意が必要です。
また兵庫県知事より「年末年始感染防止緊急呼びかけ」が、令和 2 年 12 月 10 日に発信されていますのでご覧ください。
>>詳細はこちら

 兵庫県における新型コロナウイルスの検査及び陽性者の状況は、兵庫県のホームページにグラフ等で表示されていますのでご覧ください。
>>詳細はこちら
 また、兵庫県立健康科学研究所 感染症部のホームページ >>詳細はこちら から、新型コロナウイルスに関する厚生労働省、国立感染症研究所、兵庫県の情報がご覧になれます。


定点把握感染症

 ~感染性胃腸炎~
定点あたり患者数は、例年に比べて少ない状況で推移しています。

 ~流行性角結膜炎~
定点あたり患者数は、例年に比べて少ない状況で推移しています。

全数把握感染症

 ~侵襲性肺炎球菌感染症~
 今週 2 人の報告があり、今年の累積患者数は 86 人となり、過去 5 年間の同時期と比較して少ない状況で推移しています。
 性別分布は、男性 55 人、女性 31 人、年齢分布は、0~9 歳 23 人、80 歳代 18 人、70 歳代 16 人の順で多くなっています。
 この疾病は、冬から初夏にかけて、患者数が増加する傾向があります。
鼻やのどに常在する肺炎球菌が、血液や髄液に移行して、敗血症や髄膜炎を起こすことが知られており、重症化しやすい小児及び高齢者を対象として、定期予防接種が行われています。
 今年の患者のうち、ワクチン接種歴有りが 31 人、接種歴無しが 20 人、不明が 35 人となっています。


【兵庫県感染症情報センターより参照】
(2020年12月17日更新)