2021 年第 6 週(2 月 8 日~2 月 14 日)

〈新型コロナウイルス感染症に関する情報〉
 兵庫県内の新型コロナウイルス新規感染者数は、今週 383 人(先週 665 人)で、第 1 週(1,753 人)をピークに減少しています。
地域的には、神戸市 154 人、西宮市 57 人、尼崎市 40 人、宝塚保健所管内 35 人、伊丹保健所管内 20 人、姫路市 16 人、明石市及び加古川保健所管内が 11 人、豊岡保健所管内 9 人、加東及び赤穂保健所管内 7 人、芦屋保健所管内 6 人、洲本保健所管内 5 人、丹波保健所管内 3 人、龍野保健所管内 2 人で、年齢階級別では、80 歳以上 77 人、50 歳代 54 人、40 歳代及び 60 歳代が 51 人、20 歳代 43 人、70 歳代 39 人、30 歳代 32 人、10 歳未満 19 人、10 歳代 17 人の順で多くなっています。
 新規感染者数の減少により、県の緊急事態宣言解除基準 2 項目のうち、直近 1 週間平均の新規陽性者数は解除基準(1 日 78.1 人以下が 7 日間連続)を満たしていますが、重傷者用病床使用率は減少傾向にあるものの解除基準(50%未満が 7 日間連続)を満たしていません。
緊急事態宣言解除に向けて引き続き、感染防止対策を徹底し、不要不急の外出の自粛をお願いします。
また新型コロナウイルスワクチンが 2 月 14 日に承認され、17 日より国内での接種が、まずは医療従事者から開始されました。
兵庫県の新型コロナウイルスワクチン接種についての情報が >>詳細はこちら からご覧になれます。

 また、兵庫県立健康科学研究所 感染症部のホームページ >>詳細はこちら から、新型コロナウイルスに関する厚生労働省、国立感染症研究所、兵庫県の情報がご覧になれます。


定点把握感染症(指定された医療機関から報告を求める感染症です)

 ~感染性胃腸炎~
定点あたり患者数は、例年に比べて少ない状況で推移しています。

 ~突発性発しん~
定点あたり患者数は、例年に比べて少ない状況で推移しています。


【兵庫県感染症情報センターより参照】
(2021年2月18日更新)